GsK制作室

長編ホラーアドベンチャーゲームを制作中。2021年冬頃の完成を目指しています。

GsKについて

ご訪問有難うございます。
※自分語りです。不快に感じられる部分もあるかもしれず、ご興味ない方はまた来ていただけると嬉しく思います。

200812

キノコハウス。突然描きたくなりました。

個人でゲーム制作をされている方のブログなど読ませていただいているのですが、皆さん開発途中の情報の出し方がとても上手で見習いたいです。

今作を楽しみにして下さっている方がいたら大変嬉しいのですが、どのあたりまで情報として出して良いのか線引きがいまいち分かりません。

紹介動画も制作予定ですがまだ先の話ですし、今は言葉のみの情報しか出せない状態なので恐らくどんなゲームなのかというのも掴みづらく興味も持たれないかな、と感じています。公開自体も来年の冬頃予定と1年以上も先ですし。

本格的な制作は年末付近、年末付近と書いているのですが本当はすぐにでも実制作に入りたくて仕方が無い状態なので今の状況がもどかしいです。

 

★GsKについて

自分で「GsKについて」と書くのが恥ずかしい気もしますが、この名前は自分の屋号に近い単語の頭文字が由来です。個人サークル名というか「GsKの○○です」と名乗るほうがイメージに近くしっくりきます。

個人としてのゲーム制作歴はまだ1年未満ですが、ゲーム制作自体は現在も含めて10年以上関わっています。趣味でイラスト、ゲーム制作をしていますが仕事も同じような感じです。普段は別名義で活動をしていますがSNSなどは一切やっていないので無名も無名ですが、有難い事に仕事が忙しい状態が続いています。年末付近というのも仕事が一段落するのがそのあたりだからです。

キャラクター・背景・アイテム制作・キャラモーション・UI・動画制作・その他など、素材一式やそれぞれ単体で制作をさせていただいているので、グラフィック関連に関わる何でも屋といった仕事をしています。

 

突然どうした?という感じですが、別名義で活動している名前とこちらで使用しているGsKの名前を統一したほうが今後の為にも良いんじゃないかと思い始めています。
掲載許可をいただければ制作に携わった作品の紹介も出来ますし、未熟ではありますが知っている情報や技術的な部分ももしかしたらどなたかの役に立てるかもしれません。

ただ、名前を統一してしまうと問題が出る部分もあるのでそこを悩んでいます。
短期間での締切りだったり提出だったりがあるので「ブログで息抜き絵・ゲーム制作の試作などに時間を割いているのなら仕事をして」と言われそうなので、このブログをクライアント様が見る確率はかなり低いと思いますが、こういった心持ち自体に罪悪感があり、自分はダメだなぁと落ち込んだりします。
息抜き絵や練習絵は字の通り息抜き・練習になっているので良い部分のほうが多いですが、個人のゲーム制作は趣味なので余裕のある時に作るべきだと頭では分かっているのですが、どうしても制作を進めたくなってしまいます。

 

在宅仕事なので時間の使い方も自由故に徐々に雑になってきているのを自覚していて危ないなというのと、 仕事をいただけている状態に感謝をしながらもどこか傲慢になっている気がして、そんな自分が嫌になり自己嫌悪に陥る事が多くなってきました。 

文字で書くとネガティブな感じもしますが決してそんな事はなく、むしろ楽観的すぎてどうしようもありません。楽観的と言っても良い意味ではなく何も考えていないという悪い意味です。上記のような事を考え落ち込むにも関わらず、忘れるのは驚くほどに早く「まぁ、何とかなるか」が口癖になっているので、寛大な対応をして下さっている事に甘えている自分にいつかツケが回ってくると感じています。

何事にも感謝の気持ちを常に持っていたい、傲慢になりたくない謙虚でいたい、と思ってはいても自分の腹黒さとか悪い部分が出てきた時に反省し自分を見つめ直すよう心掛けたいです。とにかく今は自分が好きな事をして生活できている事に感謝しかありません。

 

名前を統一するという話からだいぶズレてしまいましたが、今回のように自分の事をブログに書くというのはとても新鮮に感じました。あまり自分の事を書かないほうがいいのかと思っていましたが、普段こういう思いを口に出さないのでスッキリしました。

今はまだ名前統一はしませんが、早ければ今年~来年にかけて制作をさせていただいているスマホゲームが1~2本配信される予定です。1本は名前公開の許可を既にいただけているので、もしかしたらタイミングを見て統一するかもしれません。
ちなみにゲームに関わるグラフィックすべて+紹介動画を制作しています。ゲームジャンル・絵柄はこのブログに載せている絵ともまったく違っていて1~2本ともバラバラですが、とても貴重な経験をさせていただいています。

 

自分のような無名で技術的にも未熟な部分がある場合でも仕事をいただける環境もありますので今後そういう記事を投稿した際に何か参考になれば幸いです。

自分を卑下するつもりはなく、自分を未熟だ未熟だと言い過ぎるのも良くないと分かってはいますが、常に勉強をしなくてはダメという気持ちを忘れない為の戒めの言葉として自分でも振り返れるよう残しておきます。

 

配信されたスマホゲームをプレイして下さった方が何かのきっかけで「ジョウネンノチ」を知り、遊んでくれたら・・・という打算的な部分を自分でも感じていますが、完成した時に「フリーゲームにしては良い線いっているかもしれない」と自画自賛出来るような内容に感じられたら宣伝を頑張るかもしれません。
でも気付いてくれた方で尚且つ興味を持って下さった方に楽しんでいただければ十分なので、楽しめる内容になるよう細々と制作を進めていきます。

 

・・・ダメな事かもしれませんが、勢いで書いた部分もあり後々恥ずかしくなりこの記事を非公開にするかもしれません・・・そうなったらすみません。

暑さにやられているのと少し煮詰まっていたので書きました。
厳しい暑さが続きますがご自愛ください。

解決

ご訪問有難うございます。

200811

今年初めに新しくペンタブを購入し、その練習として描きました。それまで10年近く使用していたペンタブに不具合が出るようになり、同じものが欲しかったんですが既に廃番になっていて売っていなく別タイプを購入したところ、しばらく慣れずモチベーション低下に繋がっていました。今は慣れたので良かったです。

いつか液晶ペンタブを使用してみたいですがまだ自分には早い気がしつつ、どんな商品があるのか調べてみると結構な種類があるんだなと驚きました。高価なイメージでしたが意外と安価な商品もあったので今のペンタブに不具合が出たらお試しで安価な物を購入してみたいです。

 

悩んでいたゲームの絵柄について解決しました。昨日ブログを更新した後に「リアル寄り・デフォルメ、両方出せばいいのでは?」という考えが浮かびました。今作は噂話・怖い話・都市伝説・その他といった短編集により成り立っている内容なんですが、

・会話部分(立ち絵)はリアル寄り
・別部分でデフォルメ

と使い分けられる箇所があるので、この方法でいけばどちらも制作出来るという若干無理やりな考えですがモヤモヤと悩み事は解決しました。これで今以上に深く掘り下げてキャラクターについて考えることが出来そうです。

【100枚チャレンジ】4 - 5 / 100

ご訪問有難うございます。

200810

ポップンミュージック 5」より六(ろく)

4枚目 FF9のジタンを描く予定だったんですがデフォルメ練習に変更しました。ナンバリングによって衣装が違いますが自分が一番最初に購入した5の時の六です。ポップンミュージックのキャラクターは改めて素敵だと実感しました。他にも好きなキャラがいるのでデフォルメ練習を続けたいと思います。

200810a

5枚目 着色前に力尽きましたがデフォルメ+(女の子だけ)モーション練習

ゲームに出てくる登場人物の制作数を考えると圧倒的にデフォルメタイプが作りやすいのですが・・・ホラーと相性のいいデフォルメの絵柄を探っていくほうが良いのか、もう少し悩もうと思います。

 

今日は描いたり動かしたり出来たので良い練習日になりました。

イメージテスト

ご訪問有難うございます。

200809a

まだゲームの絵柄について迷っているので立ち絵をリアル寄りにして動かした場合、どんなイメージになるか作ってみました。パーツ分けする為に加筆をしていたら元の顔立ちから若返り顔が変わってしまいましたが、制作断念をした「5分の証明」主人公のロイ(30代・探偵)です。

・・・モーションのほうの顔立ちがバランス悪いせいか動いているのが気持ち悪いかもしれません。こういう点も気を付けないといけないと感じます。色々と違和感ありますがリアル寄りにした場合のイメージが何となく掴めました。デフォルメも良いなぁと考えていたんですが実際に動いているのを見るとリアル寄りに気持ちが傾いていますが・・・うーん。まだ決められません。

ちなみに「5分の証明」はイギリスが舞台だったので主人公も西洋の顔立ちにしていました。1990年前後の時代設定なので当時の髪型などを若干参考にしています。
「ジョウネンノチ」は中には西洋の顔立ちのキャラも出てくるかもしれませんが日本風の場所が舞台なので、登場キャラクターは東洋系の顔立ちが多くなる予定です。

 

時間が出来た時にイラスト練習をしたい気持ちもあるのですが、ここ数日はゲーム内のシステムや話を考えたり今回みたいにイメージ試作に時間を割いています。まだ決まっていない部分もかなりあるので引き続き考えたり試作したり練習をしようと思います。